行政手続支援ネットワーク

飲食店・居酒屋の開業に関すること

食品衛生法によって定められた飲食店等の施設を営業する場合は、営業許可の申請をして許可を得なければ営業することができません。
 また、深夜0時以降において、居酒屋などの酒類を提供する飲食店を営業する場合、別途営業所(店舗)を管轄する警察署に届出をする必要があります。

食品衛生法による営業許可の流れ

1.営業施設に関する相談
(施設基準に適合しているかを設備工事が開始する前に相談します)
2.営業許可の申請
(申請するためには、食品衛生責任者の有資格者が必要です)
3.営業施設の調査および営業許可
(行政による現地調査を受け、基準を満たしていることが確認されれば許可されます)

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出

営業を開始しようとする10日前までに営業所を管轄する警察署に届け出る必要があ るので、食品衛生法の営業許可と平行して手続きを進める必要があります。

その他開業サービス

当センターでは、皆様に代わり埼玉県・東京都・千葉県をはじめとした各都県において飲食業や居酒屋の営業に関する許可および届出を行っています。また、菓子・酒類等の製造業や販売業、食肉処理業等の許可に関してもご相談を承ります。
各種更新・変更の手続きも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ